住宅を購入する際の頭金について

住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金が0円でもOK!という広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
ローンの金利には大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行の方から薦められるという事はありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、その銀行の金利の推移などをチェックすると良いでしょう。
マイホームの購入資金として利用できるのが住宅ローン相談です。
希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。
ただし、どこに申し込みをしようとも審査があります。
重要視される点は職業のほか、務めている年数、年収が主なポイントになります。
あわせて、過去の金銭トラブルなども判断材料になりますからもしも思い当たる節がある場合はまずそちらをきれいに片づけ申請されると良いでしょう。
家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。
たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローン相談の申し込みをすると思います。
ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。
支払期間は非常に長いので銀行側も何かあった場合の備えとして団体信用生命保険の申請も同時にさせられます。
この保険は、申請者に何かあった場合借金がなくなる。
という残された家族にもメリットがある保険です。

自営業・経営者住宅ローン頭金は?シミュレーション!【返済負担率は?】