住宅ローン借り換え手順は?メリットって何?

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。
ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
新生銀行の住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
新生銀行の住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。
この保険の詳しい内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族はこれにより、ローンの負担がなくなる。
という特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。
こちらが保証料を支払う必要がないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
住宅を購入する時に必要な費用、それが頭金です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った広告も目にしますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。
頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
ローンの金利には大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。
一般的には固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いです。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

住宅ローン借り換え手順!銀行申し込みは?【手続き難しい?】