プロミスの審査は申し込んでも大丈夫?借りやすさの難易度は?

お金を出資してもらうことができるプロミスなど消費者金融には銀行の他に消費者金融のプロミスやクレカでのキャッシングがあります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

プロミスなど消費者金融というのは利子を付けて返済してもらう事で銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

ただ、中には消費者金融のプロミスよりも金利が高い銀行プロミスのカードローンというのも存在しますので、必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

人気が高いプロミスなど消費者金融の理由は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもいずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

消費者金融のプロミスのプロミスのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円が限度額という事になるのですが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融のプロミスでも敬遠されます。

消費者金融のキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融のプロミスやクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

これに対して消費者金融のプロミスというのは貸金業専門となりますので限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

お金を融資してもらう方法としてプロミスのカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行プロミスのカードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果もスピーディーで、プロミスで即日融資も可能ですからとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。借りても大丈夫か不安な方にもおすすめです。

参照:http://www.iconival.com/promise/henka.html

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがプロミスのカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

これに対して、プロミスのカードローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人信用だけで借り入れすることが可能ですし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行プロミスのカードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融のプロミスの場合は500から800万円という業者が多いですが銀行プロミスのカードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

しかしその一方で、銀行プロミスのカードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

カードローンの仕組みを知っていますか?プロミスのカードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うプロミスのキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を減らす有効な方法となります。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融のプロミス業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

数社の消費者金融から借入をしている人は多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時の強い味方がカードローンです!プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。