介護の世界にいる知人が転職を考えて求人サイトを見ているそうです。

仕事の話を聞いていくと、単純に介護業界でひとくくりにしても様々なタイプの施設があることを知りました。

一例として、老人ホームと普段から呼んでいる中でも介護老人保健施設(老健)と呼称される施設と特別養護老人ホーム(特養)と呼ばれる施設など種類があるそうです。

老健では、家庭への復帰を目指し医療ケアなどをメインに行い、リハビリを行いながら食事・入浴などの生活支援をします。

特養では、認知症や寝たきりの方の介護が基本になるので食事や入浴、排泄などのサポートがメインになります。

できるだけ早くまとまったお金が必要、自分の趣味のことをやりたい、という方に勧めたいのが特養をはじめとした24時間体制で運営している介護施設での夜勤です。

求人情報を見ていると時給制の施設の場合、夜勤手当として1回あたり3000から8000円が支給、時給制ではない場合、夜勤の日給25000円など募集などがあります。

また、それ以外にも資格を取ると資格手当が追加で支給されることが多く、その資格取得を支援してくれる企業がとても多いです。

実際に、夜勤をしている方の中には、月に10日前後勤務して残りは自由に過ごしている方もいるようです。

最近、介護士の方の話を聞く機会がありました。

介護関係の仕事について初めて知ったのですが転職やキャリアアップがしやすい職業のようです。

話によると、介護の職場では女性が多いので女性でも性別が出世や人事評価の障害にならなくスキルアップのための資格取得費を企業側で負担してくれるなど様々な援助を設けている会社が多いそうです。

また、人手が需要に追いついていないという話を知っていますか。

人手が足りていないということは常に求人がされていてかつ採用もされやすく資格を取得していればUターン、Iターンしても職探しに困らないということです。

医療や福祉関係の資格を持っていて就職先を見つけたい、あるいは転職をしようかと考えている方、そんな方にオススメの求人情報サイトはジョブパワーズです。

募集内容には職種や給与だけではなく、介護の資格や、看護師の免許など、資格所有者を募集しているかわかりやすく、前職の経験を活かしやすそうです。

また、ブランクがあるけど大丈夫?年齢制限とか大丈夫?という人向けに細かく検索で絞り込むこともできます。

それでも不安が拭えないという場合は採用担当者と申し込み者で直接やりとりすることが可能ですので、そこで聞いてみるのもありです。

自由な時間が多いのでパートを始めようと考えた時に選ぶ条件は何ですか?大半の方は家の近所や給与面での条件が良いなどが思い浮かぶと思います。

求人条件を見てみると、介護福祉士の資格があるなど社会資格を持っていると資格手当が支給される場合もあります。

その場合、ブランクがあって不安かもしれませんが多くの施設では休業期間があっても大丈夫!経験不問という求人が多いので心配はいりません。

また、勤務先によっては土日のみでもOKなど融通が利く施設もありますので自分の条件に会うパートを探して見てください。

お金が欲しいけど自分の趣味も大切にしたい、そんな方にオススメなのが介護で夜勤をすることです。

求人情報を見ると仕事自体は忙しそうですが夜勤をすると手当がつく企業が多く、基本給に加え夜勤1回でだいたい3000から8000円くらい支給されます。

また、取得している資格により支給される資格手当もあります。

老人ホームをはじめとした24時間体制で介護を行なっている施設では、夜勤専門スタッフを募集しているケースもあります。

各種手当を活用し、少ない日数で高収入が得ることができ、働き方を選択する人も増えてきています。

夜勤専従という選択肢を選ぶ人も増えてきています。

仕事をする上で気になってしまうのがお給料ですよね。

よく、賃金を上げたいなら「資格を取ろう」と言われます。

企業経営者・人事担当者向けのポータルサイトが調べた結果によると資格取得支援を実施している会社は約75%、そのうちの約30%は支援期間を設けたり、受験回数に制限を設けたり「援助に制限を設けている企業」となっています。

その他に給料を上げる手段としては、転職がありますね。

例えば、介護業界は「人手不足」という話を聞いたことはないですか?逆に労働者側としては人手不足=求人件数が多い、採用されやすいということです。

介護業界では資格取得の援助があったり資格取得者には資格手当を付けている企業も多いです。

ケアホームという言葉を耳にしたことはありますか?介護をされている方に尋ねたところ、障害程度区分2以上に該当する障害者に対して、共同生活住居にて、日常生活支援にプラスし、夜間には入浴・排泄・食事などの介護を提供する施設ということのようです。

ちなみに、介護業界では人手不足に悩まされているため求人件数は多いです。

求人している施設は、それぞれスタッフを集めるために好条件をだしています。

なので、転職活動中の方には、選べる条件が多くなっているのです。

他にも、資格取得支援を行っている施設や、資格を取得することで資格手当が付与されることもあります。

介護でもっとキャリアアップしたいと考えている方には転職でスキルアップするのも1つの方法です。

アルバイトを探すにあたり、資格を所持している方は資格をいかした仕事を探してみることをおすすめします。

資格が必要なバイトの時給はスーパーのバイトなどよりも高く設定されていますし、就職をするときに経験が役立つ可能性があります。

例えば介護などに特化したジョブパワーズという求人サイトを見てみると正・準看護士や介護福祉士の資格所有者の求人募集は比較的多いので資格を持っているという方は地元で募集されていないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

最近は、専門的な資格が必要な宿主限定の求人サイトが増えてきているので有効活用しましょう。

どういったものでも評判は気になりますよね。

就職活動の場面では自分が働こう、応募しようと思っている職場の環境などが気になりますよね。

例えば、介護の仕事の場合、人手不足で仕事が大変、人間関係がギクシャクしていそうなど良くないイメージを持っている人が多い印象です。

求人サイトの中には、採用された方による評判を掲載していたりサイト担当者が掲載前に実際に企業訪問をして独自のチェックリストを使っていわゆるブラック企業に該当しないかを確認してから掲載を決めるサイトもあるようです。

仕事選びをする際には様々な情報を参考にしましょう。

求人サイトでも広く募集しているデイケアとデイサービス、違いはなんでしょうか?ほぼ同じじゃないの?と思われている人が大半かと思いますが何やら違うみたいです。

介保では「通所介護」と「通所リハビリテーション」の2つのサービスに分類されています。

デイサービスは日中に施設に通い、食事や入浴といった介護サービスを受けますが、デイケアというのは、昼間に施設に通うという点は共通しているのですが利用者は介護を目的として通っているのではなくリハビリテーションを受けることが最大の目的です。

そのため、通う目的は生活支援を目的にしたサービスを受けるためではなく機能を回復させることに重点を置いたサービスとなります。

少子高齢化により老人ホームなどの施設は増える一方です。

それに関連して介護業界の求人件数も増えています。

でも、自力で条件に合った仕事を探すのは大変です。

そんな方は派遣会社の利用を検討してみてはどうでしょうか。

登録していいところとしては、エージェントが求職者の希望にできる限り合った勤務先を探し、勤務先の見学に同行など、なんとなく聞きずらい直接施設や質問や条件交渉も行なってくれます。

見学した紹介先に納得し、施設側の条件を満たすと勤務先での人間関係トラブルなどの相談にも乗ってくれます。

勤務状態次第では、施設側から正社員登用されることも多いようです。

転職を考えている方は人材派遣会社に登録するのもいいかもしれません。

例えば介護士の場合、登録すると派遣会社のスタッフから自分に合った求人をしている会社が紹介され、面接時にどんな質問が多いかや就業中のサポートをしてくれます。

最初から正社員として入社して、実は求人時の条件と違ったということもあります。

では、「紹介予定派遣」という制度を利用して働いてみるのはどうでしょうか。

紹介予定派遣とは「直接雇用」と「派遣社員」のいいとこ取りをしたような制度で、いわゆる試用期間中を派遣社員として現場を見て介護が必要な患者がいるか、企業側が求める人材か確認できます。

慣れていない人が多い正社員登用時の条件交渉や派遣期間中の悩みを派遣会社が間に入って手助けしてくれる制度です。

最近知って驚いたのですが、介護業界内では特別養護老人ホームなどの24時間営業といえる施設での夜勤のみ募集という求人が人気なようです。

その理由としては基本給の他に夜勤手当が多くつくので夜勤で10日間くらい働いてあとは自由に生活するなど趣味や自分の時間を作りやすいからです。

持っていた印象以上に介護業界の労働形態は自由で前述のように夜勤専従として働く方や日中しか働けないという方は、デイサービス、デイケアで働いている方もいます。

「介護をしない」高齢者施設。

が売り文句の求人情報が掲載されていました。

できるだけ介護をしないとはどういうことなのか調べてみたところ、下記のようなことがわかりました。

求人を出している施設は地方自治体で運営している一般型の軽費老人ホーム(ケアハウス)のことでした。

一般型の他に介護型もあり、その違いとしては、介護型の場合職員が入浴や食事介助をしますが、一般型では、職員は生活支援をするのは同じですが入浴や排泄介助はしません。

また、地方自治体や社会福祉法人が運営しているので有料老人ホームと比べ低い月額で入居することができます。

関連ページ