総返済負担率って何?

総返済負担率とは、各種ローンの債務者の収入に対するローン返済額の割合のことです。

特に住宅ローン契約時には長期にわたる返済になるため、無理のなく住宅ローンを利用するため総返済負担率を一定の範囲に押さえる必要があります。

総返済負担率は、ローンなどの定期的な支払金額を決める指標になっているのです。

住宅金融支援機構では、住宅ローンの利用を希望したときは、機構融資のみの返済額の5倍以上の月収が必要だと定められています。

住宅ローンの総返済負担率は、住宅金融支援機構の住宅ローンの場合、民間住宅ローンなどの借入金とあわせたすべての年間返済額が年収に占める割合が以下の基準に定めています。

年収300万円以下 基準25%

300万円以上400万円未満 30%

400万円以上700万円未満 35%

700万円以上 40% です。

融資可能金額は、サラリーマンの場合は税込み年収で、自営業者の場合は所得金額(収入から必要経費を控除した金額)で算出されます。

サラリーマンの場合、税込みで計算しますが、実際には是金や社会保険料、年金を支払った手取りの中から支払うことになります。

住宅金融支援機構の基準に照らした負担率がよりもローン返済が年収に占める返済比率が大きくなってしまうことに注意しなくてはいけません。

総額返済負担率は、年収に対して年間返済額が過渡にならないように考え出された基準です。

正しく利用して、無理のないマイホーム購入計画を立てましょう。

ページのトップへ戻る