OSって何?

OSとはオペレーティングシステム(Operating System)の略称で、PCに基本的な機能を提供し、さらにはシステム全体を管理するためのソフトウェアを指します。

キーボード入力や画面出力といった入出力機能をはじめとして、多くのアプリケーションソフトから共通して利用できるという特徴があります。

現在、「ウィンドウズ」と「マッキントッシュ」が世界の2大OSとして利用されています。

日本語訳としては「基本ソフト」という言葉が広く定着しています。

ソフトウェアの開発者にとっては、OSはコストの削減に大きな効果を発揮します。

OSの提供する機能を利用することによって、開発の手間を大幅に省くことができるうえ、アプリケーションの操作性を統一することができるためです。

また、ハードウェアの仕様の違いもOSによってほぼ統一されるため、特定のOS向けに開発されたソフトウェアであれば、基本的にはそのOSが動作するどんなコンピュータでも利用できるというメリットもあります。

現在のOSが追求しているのはユーザインタフェースに代表される機能性、使いやすさであり、その対象は携帯電話にまで広がっています。

ハードウェアの技術向上に合わせて数年のサイクルで新たなOSが開発・販売されるのが恒例化しており、新たなOSがリリースされるたびに、動作のスピードや価格、デザインまでが論争の対象となります。

最新のOSの特徴としては、高機能のマルチコアCPUやプログラマブルシェーダを搭載したビデオチップへの対応が挙げられます。

ページのトップへ戻る