角栓って何?

小鼻の辺りなど、皮脂分泌が盛んな部分の毛穴を見てみると、小さくブツブツのような突起になっていることがありますよね。

それが角栓です。

角栓はニキビと同じようなメカニズムで、皮脂が詰まってしまうことが原因で現れます。

角栓が毛穴の外に出てくることが出来ればニキビにならずに「角栓」として毛穴ケアが必要になりますが、肌の表面に出てくることが出来なければ肌の内側でニキビとして成長してしまう可能性もあります。

角栓は皮脂の分泌にあわせてどうしても出来てしまうので、角栓が出来ないようにするためには洗顔をする際に毛穴の中もキレイにお掃除するなどの毛穴ケアをひたすら頑張るか、もしくは毛穴の中に角質がたっぷりとたまらないように毛穴を引き締めるなどのケアが有効です。

角栓がたまりやすい方は洗顔の際にもダブル洗顔をしてメイクの汚れや皮脂など全ての汚れを確実に洗い落とす工夫をすると良いでしょう。

開いてしまった毛穴には角栓もたまりやすい状態になっています。

暖かくなると開いてしまう毛穴は、冷たいものをあてるとキュッと引き締まりますが、開ききってしまった毛穴はなかなか自分で閉めることは簡単ではありません。

そんな場合には角栓が気になる部分のみのピーリングを行なったりして、角質層の大きな毛穴をリセットする努力をするのも良いでしょう。

市販されている毛穴パックなどは確かに毛穴の中の汚れを吸着して取り除いてくれる効果はありますが、毛穴に対する負担も大きいので、あまり頻繁に使用するのは返って毛穴を開いてしまう原因になってしまいます。

たまに集中ケアとして利用するのが良いでしょう。

ページのトップへ戻る