需要がある資格とは?

資格を活かして就職・転職をしたい場合にはできるだけ需要がある資格を取得する必要があります。

いくら有名な資格でも供給過多に陥っている場合は就職に役だたなかったり、待遇のよい職場を見つけられないといった問題が生じることになります。

現在もっとも需要の高い資格といわれるのが介護関連の資格です。

高齢化社会の進行もあり、介護業界ではつねに人手不足の状況に陥っています。

介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパーなどは今後の高い需要の維持を期待できる資格といえるでしょう。

ただし、収入や労働環境など待遇面の悪さが問題となる業界でもあります。

それからパソコン関連の資格。

今後企業ではますますITの活用が重要となってきます。

パソコン技能検定II種の資格やMOS、WEBデザイナーなどの資格は高い需要を見込むことができるでしょう。

今後のビジネスシーンで欠かせないと言われているのが英語能力。

外資で働きたい、あるいは世界を舞台に活躍したいと思っているビジネスマンにとってTOEICはもはや定番となっています。

高い点数はそれだけに語学力をアピールできる重要なポイントとなっています。

需要がある資格には大きく分けて2種類があります。

IT関連や介護関連のように今後の需要増が見込めるタイプ、それからもうひとつが医療関連のように景気の動向に左右されずに安定した評価を得ることができるタイプです。

どちらにしろ需要のあるなしはできるだけ長期的な視野に立った上で判断することが求められるでしょう。

ページのトップへ戻る